つみたてNISA・NISA

【最新】新NISA・つみたてNISA 制度改正まとめ

【NISA・つみたてNISA】制度延長と改正

NISAとつみたてNISA制度の延長が税制改正大綱で発表されています。また、ジュニアNISAは2023年で終了します。

この記事ではそれぞれの改正ポイントをまとめています。

  新NISA つみたてNISA
投資額の上限/年 122万(1階:20万、2階102万) 40万
非課税期間 5年 20年
制度の期間 2024年〜2028年 2018年〜2042年
対象商品 上場株式、公募株式投信など つみたてNISA対象ファンドのみ

NISAの改正ポイント

ココがポイント

・2階建の制度になる
・20万円分の安定運用が必須
・投資可能額は122万円に微増

20万円分はつみたてNISA対象商品(低コスト&長期投資向けの投信)

に投資をしないと残りの102万円の枠を使えなくなります。

ただしロールオーバー分に関しては、全額可能です。

例えば、2019年に120万円分株を買っていたとすると全額分2024年のNISA枠を使って運用できます。(1階の20万円関係なく)

つみたてNISAの改正ポイント

ココがポイント

・期間が2042年まで延長

つまり、2042年に購入した投信は2062年まで運用できるということになります。

NISAとつみたてNISAどちらを選んだらいいの?

どちらの方がお得になるのかは、投資可能期間や現在の金融資産の状況によって変わリます。

以下にまとめましたので参考にしてください。

【NISA】を選んだ方がメリットが大きい人

  • 短期間で効率よく利益確定したい方
  • まとまった資金が手元にある方
  • 株で運用したい方

【つみたてNISA】を選んだ方がメリットが大きい人

  • まとまった資金での運用が難しい&まとまった資金を作りたい方
  • 長期運用が可能な方
  • 分散投資したい方

 

-つみたてNISA・NISA

Copyright© FPごはん , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.